【東京セミナー】PL法・国際安全規格に対応した取扱説明書の基本と作成テクニック

株式会社テックデザインの主催セミナーにダイテックが講師として登壇します!

モノ(製品)の移動が世界中で活発に⾏われる中で、消費者の安全や権利を守るために 様々な国際ルールが定められています。本講座では、製造物責任法(PL 法)や消費者保護法などの使用説明(取扱説明書やラベルなど)に関する法規や、ISO/IEC Guide 51:2014に始まる製品安全の国際規格やIEC 82079-1:2012 などの使用説明の内容に言及した国際規格の基礎的な要求事項を学びます。また、取扱説明書を作成するために必要な技術として、テクニカルライティング技術の基礎を身につけます。

タイトル PL法・国際安全規格に対応した取扱説明書の基本と作成テクニック
~PL法・国際規格の基礎知識と要求事項、テクニカルライティング,情報の整理と発想法~
日  程 2018年1月19日(金) 10:30~16:30
会  場 テックデザイン会議室(サガフラット202)(門前仲町駅/茅場町駅)
主  催 株式会社テックデザイン
内  容 Part 1 消費者保護の国際的な流れとPL法
→消費者(労働者)の安全や財産を守るために制定されたPL法の内容や、消費者の安全や権利を守るために定められた様々な国際ルールを学び、安全な製品を提供する事業者の責任を再認識します。

Part 2 欧州の法体系から学ぶ、自由貿易のあり方
→欧州の法体系を基に、自由貿易(製品の自由な移動)の基本的な考え方と仕組みを学びます。これらの予備知識を基に、国際ルールの必要性と効用を理解します。

Part 3 製品安全の国際規格と取扱説明書の関係
→製品安全を達成するための、リスクアセスメントとリスク低減方策の基本を学び、製品安全達成のために取扱説明書に求められる国際的な要求事項を学びます。

Part 4 取扱説明書作成者の必須技術、テクニカルライティング【演習あり】
→IEC 82079-1:2012で提示される、取扱説明書の制作に関わる人の必須技術要件であるテクニカルコミュニケーション。その骨格ともいえるテクニカルライティング技術の基礎を、演習を交えながら学びます。
詳  細