業務マニュアル制作


属人的になりやすい企業ノウハウの標準化をお手伝いします。明文化されていない貴社の暗黙知を引き出し、検証・整理し、業務マニュアル、教育資料、説明動画などのメディアで共有します。


ダイテックの業務マニュアル制作
課題解決

・営業担当者の成績にばらつきがある。
・お客様の窓口担当者が変わったらお客様が離れた。
・社員が異動したり退職したりしたときのノウハウが伝達しきれず品質が低下する。
・技術の継承が十分にできておらず、かつての「強み」が薄らいできた。
・新入社員の教育をしたいが、多忙のため教育に時間が取れない。

このような問題に対して有効なのが業務マニュアルです。しかし、業務マニュアルが整備されていなかったり、メンテナンスされていないために陳腐化して活用されなくなったりしているケースも多々あります。
当社は「現場で活用できる」業務マニュアルの制作をご提案します。


業務マニュアル制作は業務の標準化活動

ダイテックの業務マニュアル制作は業務の標準化活動

業務マニュアルの制作は、企業における業務の標準化活動に他なりません。社内にはたくさんの知的資産(知識やノウハウ)が眠っています。これらの知的資産を再利用可能な状態にして活用することは、重要な経営課題の一つといえます。「現場で活用できる」業務マニュアルを作成するためには、個人に属する暗黙知を可視化し、担当者ごとに異なる手法を整理して標準化し、社内全体で活用できるよう共有化するステップが不可欠です。また、社員がこれらの業務の標準化活動に参加することが大切です。
当社は、業務の標準化活動プロジェクトのファシリテーターとして参加し、情報の可視化、標準化、共有化作業のお手伝いをします。

ダイテックの業務マニュアル制作は業務の標準化活動

可視化

個人の経験や勘に基づく知識で、言語化(文書化)されていない暗黙知をヒアリングにより引き出して可視化します。可視化することで、複数の担当者の業務手順やノウハウをテーブルの上に並べて比較することができます。多くの場合、担当者ごとにやり方のバラつきがあることが分かります。

標準化

担当者ごとにやり方のばらつきがある領域が明確になったら、本来のあるべき標準業務プロセスを設定します。この作業は、ワークショップ形式で担当者の皆様が自らが参加し、自社の標準となる業務プロセスを検討することが大切です。

共有化

標準化された業務プロセスを基に業務マニュアルを作成します。担当者が自分たちで検討し合意したプロセスであるため、「現場で活用できる」業務マニュアルが作成できます。また、業務プロセスに変更があった場合は自分たちでマニュアルをメンテナンスできます。


業務マニュアル制作

ダイテックの業務マニュアル制作

使いやすい業務マニュアルには、以下の要素が必要となります。

 1.作業の手順のみでなく業務の目的や必要に応じて目標も記載する。
 2.業務の全体像が俯瞰(ふかん)できる。
 3.業務の正否(うまくいったかどうかの判断基準)が明確。
 4.タスクの前工程と後工程の関係が明確。
 5.受入時および後工程に渡すとき、漏れなく確認できるようにチェックリストがある。
 6.失敗事例や具体的な注意ポイントが示されている。