MENU

マニュアル制作

マニュアルは製品の一部

マニュアル(使用説明)は、操作・保守上、使用者とのインタフェースとして位置づけられ、製品性能を左右する上で大きな役割を担っています。とりわけ、欧米ではマニュアル(使用説明)の不備は製品の欠陥としてみなされ、損害賠償訴訟に発展するケースが少なくありません。また、使用者の安全と安心を確保し製品のパフォーマンスを最大限に引き出すという意味でも、重要な役割を担っていると言えるでしょう。
時代の流れに伴い、動画、音声、アニメーションなどを駆使した表現方法、ICTを使った見せ方、タブレット、スマホとの連携など、多種多様なアウトプットのマニュアル(使用説明)が不可欠になってきています。 ダイテックは、あらゆるニーズに応じたマニュアルを制作いたします。

マニュアル制作フロー

01 ヒアリングによるマニュアル仕様の確認

制作内容、対象読者、利用目的、流用データの有無、提供媒体、対象言語、指定ソフトの有無、指定ソフトバージョンなど

02 制作設計

分冊構成、各分冊の目次構成、テンプレートデザイン、システム、使用ソフト、ソフトバージョンなどを決定

03 情報収集・取材

設計/開発者へのヒアリングや実機の取材、図面や仕様書の入手など

04 原稿作成・イラスト作成

製品知識や製品安全に精通したテクニカルライター、イラストレーターにより、原稿・イラストを作成

05 DTP

DTPオペレーターにより、多種多様なアプリケーションを駆使してアウトプット
制作アプリケーション:Word、FrameMaker、InDesign、XMLエディター、WordPress、Illustrator、Photoshopなど

06 校正

お客様からのチェックバック後の修正確認と全体校正を実施

07 納品

制作実績

取扱説明書各種、設置マニュアル、保守マニュアル、周辺機器マニュアル
サービスマニュアル、パーツカタログ、業務マニュアルなど

制作エピソードへ