HOME > コンテンツ制作 > 業務マニュアル制作
業務マニュアルは、業務の標準化活動の成果物として作成されます。ダイテックは、「分かりやすく伝える技術」の専門家集団です。貴社の業務の目的、目標、プロセスを聞き出して整理し、貴社が目標を達成するための「あるべき業務プロセス」を見出すお手伝いをします。その成果物として業務の目的とプロセスを記録した業務マニュアルを制作します。
また、納品後にはクライアント企業で容易に編集できる業務マニュアルをご提供します。

業務マニュアルの目的例

こんなことで
お困りではありませんか?
・特定の人にしか任せられない業務がある。
・できる人にシゴトが集中し、社員の業務量にバラつきがある。
・担当を変わればアウトプットの品質が変わってしまう。
・人によって仕事のやり方がバラバラ。
・新しい担当者に業務を説明する資料がない。
業務マニュアルの目的

→業務品質のバラツキの防止
→業務の属人化・ブラックボックス化によるリスクの低減
→業務処理の効率化
→後任者教育負担の軽減と業務習得時間の短縮

ダイテックは、業務の目的や目標の再確認からスタートし、その目的を達成するためのプロセスを一つひとつ検証していきます。

業務のプロセスが社内で承認されれば、いよいよ業務マニュアルの制作に移行します。

1.業務マニュアルのコンセプトメイキング

業務マニュアルの目的やコンセプトを決め、関係者で共有します。
この作業を怠ると、各関係者の色々な視点から出てくる要求を反映することになり、分かりにくく使えない業務マニュアルとなるリスクがあります。

・業務の目的や全体像を明確にする
・業務マニュアルの目的や目標を設定する
・経験、知識、期待、能力、課題など、ターゲット読者を洞察する
・目標を達成するための機能(マニュアルの記載範囲や要件)を明確にする
・制作ツールの決定(制作後はクライアント企業でメンテナンスできるツール)

2.業務マニュアルの制作

コンセプトに従って、業務マニュアルを作成していきます。

・業務マニュアルの構成を決める
・業務全体の概要やフロー図から詳細の手順を執筆する
・考え方の軸(仕事の判断基準)を示す
・業務のインプット、プロセス、アウトプットを意識して作成する
・確認が必要な工程ではチェックリストを作成する
・ノウハウや事例を掲載する など

3.システム開発(オプション)

システムでできるプロセスは自動化・省力化することをお勧めします。ダイテックは、業務効率化のためのシステムを企画・開発します。

4.動画制作(オプション)

特に新人に対しては、業務の概要やポイントなどを動画で説明した方が分かりやすい場合があります。ダイテックは、動画の企画・撮影・編集から配信までをお手伝いします。

5.マニュアルを関係者で共有してブラッシュアップする

業務マニュアルは、実際の現場で活用してこそ意味があります。できるだけ現場の方にレビューをしていただき、マニュアルに「魂」を注入していきます。

6.納品

業務マニュアルは、原則、クライアント企業で容易に編集できるフォーマットで納品いたします。編集方法や「分かりやすい文書」の作成方法などのレクチュアもさせていただきます。

関連ソリューション