インバウンド支援


ダイテックは、日本で事業を展開する海外企業向けの支援サービスを提供しています。異なる文化圏で事業を開始するには、コトバだけでなくさまざまな障害を乗り越えなければなりません。日本への新規参入や事業拡大において、マーケティング資料や営業資料などを日本のお客様に受け入れられるようにチューニングする必要があります。さまざまなドキュメント(資料)のローカライズ、実際の営業活動の支援、製品トレーニングやヘルプデスクなどのサポートなど、日本での事業が円滑に進められるようにお手伝いしています。

サポートの流れ

1.ビジネスの理解 クライアント企業の歴史やブランド、日本における事業戦略、サプライチェーン、アフターセールス、ターゲットカスタマー、競合他社/競争環境といったビジネスの全体像を理解します。
2.製品の理解 製品の機能、特徴、仕様、効用、取り扱い方法(設置、使用、清掃、保守メンテナンス、廃棄)など、製品のライフサイクル全般について理解します。
必要に応じて実機取材をさせていただきながら理解を深めます。
3.サービス範囲の決定 以下のサービス内容から、提供するサービス内容と範囲を検討し決定します。
サービス内容

 ・Webサイトのローカライズ
 ・マーケティング資料のローカライズ
 ・営業資料のローカライズ(PPT、チラシ、動画など)
 ・展示会出展のサポート
 ・営業活動の支援(同行営業/通訳)
 ・製品マニュアル制作
 ・製品トレーニング(使い方の研修)
 ・製品のヘルプデスク(使用者からの問い合わせ対応)
 ・社員向け教育資料の和訳 など